小学生子育て日記

小学生の子育てとレジャー情報を中心に書いています

小学校2020年プログラミング必修化で使われる教材

小学校プログラミング必修化で使われる教材はどこになるのか

小学校プログラミング必修化

新学習指導要領で、2020年度から小学校でプログラミング教育が必修化される。

そのプログラミングについて文部科学省から手引きが発表されている。
小学校プログラミング教育の手引:文部科学省

プログラミングをどう学習するのか

『プログラミング』という教科ができると思っておられる方も多いかもしれませんが、教科にはなりません。

教科書もテストもありません。←これは、『プログラミング』としてない。

算数や理科等の授業の中で、『プログラミング的思考』を学ぶ内容になるとの事なのです。

正直、本当にプログラミングを習うなら学校の授業時間では到底足りません。何よりPCの台数を子供が授業で使う分だけそろえなければならないし、それを随時新しいものに更新しないといけない。電源工事がいる。ソフトの更新料、保守料・・・。膨大な予算がかかります。


そのへんをふまえて、『プログラミング』の必修化への準備をしていく必要があるのではないかと考えています。

結局、小学校で使う教材はどうなるのか

私も、『プログラミング』必修化と聞いた時に、我が子が遅れるのもかわいそうだから準備をしていこうと調べました。

上記で書きましたが、『教科書』が無いのです。これが示すのは、『教材』は決まっていないという意味なのです。

あくまで、『プログラミング的思考』を授業で学ぶことが目的で、あとは各学校の裁量に任すというのが文部科学省の姿勢です。

プログラミング教材業者は、血眼になって学校へ教材を売り込んでいるところかと思います。

極論を言えば専用教材を使わずとも、『プログラミング的思考』は教えることができるので学校によっては購入しないというケースもあるかと思います。

教材は

ここまで読んでいただいてモヤモヤしていませんか。私もモヤモヤしながら調べていました。

『教材』を使う必要もないかもしれないという部分がポイントです。すなわち決まった教材が存在しないというのが正直なところです。

何だよとお思いにならないで下さい。

教材が決まっていないだけで、コアな『プログラミング的思考』で教えるべき部分は示されると思います。

プログラミング塾は行く必要があるのか

ここからは、個人的な見解になります。

はっきりとした教育内容が出ていない状況で、プログラミング塾は、学校で遅れない為というのならば必要ないと考えます。

ただ、教養として学ばせたいということであればアリかなと思います。

『プログラミング的思考』と、『プログラミング』は、同じようでやることが異なります。

『プログラミング的思考』を養う前に『プログラミング』を詰め込むと、一定の教材は扱えるが、応用が利きにくいという点も注意が必要かと思います。

そもそも、今必死に本当のプログラミングを教えたところで技術のスピードはかなり速いので子供達が大人になるころには、その知識は化石になっているでしょう。

私も、小学生の時に写経も(プログラミングを写して打ち込むこと)、C言語もやりましたが、今使ってません・・・

最後に

この『プログラミング必修化』は、見えていないものがたくさんあるのが現状です。

情報があればどんどん書いていきたいテーマです。

私自身が、小学校4年生の時、学校のPCクラブでプログラミングをならいました。

当時は、コードを写経(本などをまねして打つこと)してゲームを作りました。

当時の技術が役には立っていませんが、PCについて理解が深まりそのことが今の仕事に大きく役に立っています。

話はそれましたが、長い目で見たプログラミングを通しての教育を子供にしてあげれるようになればと思います。



以上、小学校2020年プログラミング必修化で使われる教材でした。