小学生子育て日記

小学生の子育てとレジャー情報を中心に書いています

京都のお花見おすすめスポット、穴場鑑賞法

京都のお花見おすすめスポット、穴場鑑賞法

京都のお花見

京都のお花見について、普段読んでいただいている方へのお礼もかねて記事を書いてみたいと思う。

『まだ、寒いのに早くね~』という気持ちがあると思うが、その理由についても書いていきます。

観光ブログや、サイト、雑誌等々は、ほぼ同じパターンの記事ばかりかと思うので、できるだけ違う情報をのせていければと。

それでも、その情報、他とかぶってるよとなっても許して下さい。



京都のお花見の時期

京都の桜は、場所と桜の種類によって、基本的にはシーズンであればどこでも何かしら咲いています。

ただ、全体として毎年咲く時期が早まっていることを考慮にいれて計画をおすすめします。

観光バス、観光客は、基本的にカレンダーで計画されているので、実際の開花に合わせてきていません。

4月上旬から観光が激増します。もう一度言います激増します。

おすすめは、3月最終週あたり。実際に桜が咲き始めて、なおかつ観光客が激増前なのです。

ただし、この時期は学生の旅行が馬鹿みたいに増える時期なので、学生が行かない所を避ければわりあいに空いています。

おすすめスポット

お花見シーズンは、八坂神社、清水寺南禅寺等の東寄りのスポットが人気になります。

逆に!!

西方向と北方向がおすすめになってきます。


おすすめ穴場ルート&スポット

大覚寺 ~ 広沢の池 ~ 仁和寺妙心寺 ルート

このルートは、京都観光一発目で来ることはまずない、割合通なルートです。通なルートなので年配の方が多いルートでもあります。

途中早咲きの桜が多いエリアでもあるので、早い時期のお花見にぴったりです。

ガチャガチャとしていないので、ゆっくりと桜を楽しむことができます。

ちなみに広沢の池は、時代劇の撮影で使われる場所で、景色がとても良いですよ。


路面電車 嵐電京福電車)からの車窓花見

この嵐電なんですが、基本1~2両編成なので、混むと大変なんです。

しか~し、嵐山から乗ることで座れます。10分に1本出ているので、座る順番まで待っちゃいましょう。

北野天満宮へ行く北方面は、難読駅名『帷子ノ辻』からでているので、そこから乗って下さい。

ちなみによみかたは、『かたびらのつじ』です。←読めるかいっていう観光客泣かせの駅名

北野線ですが、桜のトンネルがあり非常に綺麗なルートになっています。※これは、ガイドブックに載りまくっているベタベタな情報です。


昼食のおすすめ

京都は、美味しいパン屋がゴロゴロあります。

パン屋のカツサンドが、かんなり、かんなりお薦めです。

カツサンドを購入して、外で食べるのが最高。

店は、どこに行っても激混みなので、パンなら好きなものをゆっくりと楽しめます。


穴場鑑賞法

これは、どの場所でも同じですが、絶対に『朝』!!

朝に見ちゃってください。

ホテルに宿泊でも、早朝に到着でもかまいませんが、朝に行くべし。

人の数が本当に違うんです。

空気もゆったり流れているような、ゆったりとした空間を楽しめます。

7時~9時が、最高の時間です。週末なら、移動もスムーズ。

私は、この時間帯に見に行きたいところへ行っちゃいます。

京都を制する者は、朝を制すです。


最後に

歴史を思いながら、桜をながめるのも楽しい時間です。澄んだ早朝の空気と、桜と空間を是非楽しんでみて下さい。

観光客は、だいたい同じパターンで動いているのでルートを変えるだけで快適さはずいぶんと違います。

個別の相談があれば、可能な限りお答えさせていただきますので遠慮なく聞いて下さい。

以上、京都のお花見おすすめスポット、穴場鑑賞法でした。

京都の観光の記事もかいてますので、よかったら読んで下さい。
raisechild.hatenablog.com

raisechild.hatenablog.com