小学生子育て日記

小学生の子育てとレジャー情報を中心に書いています

子供と新幹線グリーン車に安くのる方法

子供と新幹線グリーン車に安くのる方法

子供と新幹線のグリーン車に乗って出かけよう

新幹線お出かけ企画第2段!!

前回は、姫路へ行ってきました
raisechild.hatenablog.com


春休みなので、子供と名古屋へ出かけることにしました。

お金を節約したいので、新幹線のグリーン車に乗ってでかけることにしました。

何を言ってるんだ、こいつは頭いかれてるのかと思わないでください。

新幹線のグリーン車に安くのる方法があるのです。

それを紹介したいと思います。



どんな方法で安く新幹線のグリーン車に乗るのか

安く乗る方法で、金券ショップで回数券を買うという方法が出ますが、

いちいち金券ショップに探しに行くなんてのは子育てしながらはなかなかめんどくさいもの。

もしくは、JR東海から出ている『ぷらっとこだま』がよく紹介されます。

ただね、『ぷらっとこだま』は確かに安いけども、縛りがすごいのよ。

『利用日・利用列車・利用区間の変更、禁煙席・喫煙席の変更はできません。取消後に改めてご予約いただくことが必要です。その場合、乗車日の10日前より取消料が発生します。』
http://faq.jrtours.co.jp/app/answers/detail/a_id/345/~/%E3%80%90%E3%81%B7%E3%82%89%E3%81%A3%E3%81%A8%E3%81%93%E3%81%A0%E3%81%BE%E3%80%91%E5%A4%89%E6%9B%B4%E3%81%AF%E3%81%A7%E3%81%8D%E3%81%BE%E3%81%99%E3%81%8B%E3%80%82より引用


なんてしばりがあるから、変更のハードルがめちゃくちゃ高い。

行きは予定通りいけても帰りがトイレやら不測の事態やらで遅れるなんてことも十分にありうるのが子連れ旅。

かくいう私も、この想定していない事態が発生した時が恐ろしいのです。

しかも、10日前より取消料が発生しますときているので、子連れには博打みたいな購入方法になってきます。





まず用意するもの

まだ、言わないのかよと思いますが、まだ言いません。

準備するものが一つだけあるのでまずそれを用意して下さい。

それは、『EX会員』に登録して下さい。

準備はそれだけです。

これがスーパー便利なんです。

PC、スマホで予約ができるのでみどりの窓口的なものに並ぶ必要もありません。

ましてや券売機にも並ばずに買えます。

これだけでも混んでいる時期には重宝します。

さらにすごいのが、乗車時間、座席の変更がスマホでできるので急な変更にもすぐに対応できます。

これが、子連れには意外な便利さ。ビジネスマンのニーズと子連れニーズはマッチするものなのです。

さあ準備はできましたか


プラレール ぼくが運転!マスコン 北海道新幹線はやぶさ

プラレール ぼくが運転!マスコン 北海道新幹線はやぶさ


EX予約をしてみよう

今回の本題、安く新幹線のグリーンに乗る方法かつ、急な変更にも対応できるという商品がEX予約にあるのです。

その名も『EXこだまファミリー早得』

ちなみに私、JRのどの会社からもお金もらってないので、純粋な紹介です。

この、商品、2名以上で乗車3日以上前なら受けられる割引サービスなのです。

今回の京都から名古屋で比較してみましょう

・EXこだまファミリー早得でグリーン

京都~名古屋  大人1名、子供1名 ¥8,350

・通常のぞみグリーンの場合

京都~名古屋  大人1名、子供1名 ¥11,660


その差は、3,310円、往復なら、6,620円の差になるのです。


これが、京都~東京ならさらに差が大きくなります。

・EXこだまファミリー早得でグリーン

京都~東京  大人1名、子供1名 ¥28,780

・通常のぞみグリーンの場合

京都~東京  大人1名、子供1名 ¥16,690

差がなんと、12,180円にもなるんです!!往復なら、24,360円!!

家族が大人2名、子供2名なら48,720円!!

めまいがしてきます(笑)

ただし、こだまなので乗車時間はのぞみより余分にかかってしまう点に注意。

しかし、今回のような京都~名古屋ぐらいの新幹線としては短距離区間ならそこまで大きな時間の差は出ません。

かんなりお得に楽に移動ができるのです。

名古屋での旅は、後日違う記事で書きたいと思います。


残念な点も

このお得なEXファミリー早得、いやこだまのグリーンにも残念な点があります。

時間がかかるというのは仕方がないとして、

グリーンのおしぼりサービスがないのです!!

たかがおしぼり、されどおしぼり。

グリーンと言えばおしぼりみたいな気分がある私としては非常に残念であります。

しかし、そのあたりの乗務員コストを抑えているので、安価に乗ることができるのです。

あきらめましょう。

もう一つ残念なポイントが。

まだあんのかいっと、つっこみをいれて下さい(笑)

それは、車内販売のワゴンサービスがありません。

新幹線の象徴、カッチカチのスジャータのアイスが食べれません(勝手に象徴としています)

のぞみより長い乗車時間にかかわらず、食料と飲み物は売ってくれません。

なので、車内販売をあてにしていると痛い目にあいます。(はじめてこだまに乗ったときにその洗礼をあびた者です)

乗車前に、美味しい駅弁とお菓子、飲み物は忘れずに調達しましょう。

子供と過ごす新幹線

いつも楽しくみさせていただいているボス猿さんのブログです。

食べ続けるというのは、子供と静かに過ごすのにはいい方法かもしれません。

www.bosuzaru.com




最後に

子供を、グリーン車に乗せるのは贅沢という意見も数多くあるでしょう。自分で稼げるようになったら自分のお金で乗りなさいみたいな。

でもね、楽なんですよ子連れでグリーン車

広いし、座席高いから騒がなければ周りに気を遣うことも少ないし。

新幹線なんて乗る機会はそんなにない子供がほとんどだと思うので、そんな時に少し贅沢もいいんじゃないかと個人的には思います。

日帰り二人旅だったので、総額もそんなにならないので満足しています。

朝出て、夕方には帰って家事をしないといけないという状況だったので、移動が楽なのはなにより素晴らしい。

ビジネスマンの帰ってまだ仕事みたいなものです。

みなさんも、子連れだけに限らず、そんな移動が楽な旅はいかがでしょうか。

是非、ご意見聞かせて下さい。

以上、子供と新幹線グリーン車に安くのる方法でした。