嵐な毎日、でもゆるふわ平凡に

小学生の子育てとレジャー情報を中心に書いています

すごいぞ牛乳パック。牛乳パックを使えばBBQで着火剤いらず簡単に火おこしできる方法!!

すごいぞ牛乳パック。牛乳パックを使えばBBQで着火剤いらず!!

牛乳パックの秘密

牛乳パックにはロウの一種のパラフィンワックスが使われているのはご存じだろうか。

パラフィンワックスは化粧品にも使われる安全性の高い材料なんです。

つまりロウなので、良く燃えるのです。

しかも、長い時間燃えてくれます。

ということで、試しにBBQで使ってみました。


着火剤としての牛乳パック

通常、BBQでは着火剤を使う事が多いと思いますが、牛乳パックのみで火おこしをしてみました。

すると、まあ燃える燃える。

めちゃくちゃ燃えてくれます。

着火剤なし、しかも空気を送り込むこんなやつをいつも使うのですが、今回はそれもいらず


これは、これで電池もいらないんで便利です。火力を上げたいときなんかにも使えます。

炭を置くときは、キャンプファイヤーのように櫓型とうか、煙突型に組みましょう。

火が勝手に上に上がっていくのでスムーズに火がつきます。

火が落ち着いて、白くなってからが正しい炭の使い方です。

ちなみに、牛乳パックが2ヶあれば十分すぎるほど確実に火おこしが可能です。


火おこし以外でも使える牛乳パック

牛乳パックですが、実は火おこし以外でも活躍してくれます。

中をしっかり洗って、平面になるようにハサミで切ってください。

算数でいうところの展開図の状態ですね。


あーらびっくり、簡易まな板の誕生です。


お皿の上で切るのは、なかなか大変ですよね。

そんな時は、この牛乳パック、簡易まな板が大活躍。

しかも、使い終われば炭でファイヤー!!

気分は、新日本プロレスです(笑)


ちょっと大人に牛乳パックを使いたいなら

もっとエレガントに、大人な牛乳パック使いになりたいあなた!!

そんな時は、水を入れて凍らせていきましょう。

でっかい、ブロックアイスができます。

現地までは、保冷材として。

そして、現地でアイスピックで砕けば、まあ何てことでしょうロックアイスが出てくるではないですか。

ロックアイスで優雅なドリンクタイムの始まりです。


さいごに

牛乳パックで着火剤は、細かく切っていくと使いやすいです。

BBQで牛乳パックマスターがモテる近道に間違いない(笑)



以上、すごいぞ牛乳パック。牛乳パックを使えばBBQで着火剤いらず簡単に火おこしできる方法!!でした。