嵐な毎日、でもゆるふわ平凡に

小学生の子育てとレジャー情報を中心に書いています

イオン、イオン、イオン!!WAON!!イオニストになっていた?

イオン、イオン、イオン!!WAON!!イオニストになっていた

イオン、イオン、イオン!!WAON!!


決して頭がおかしくなったわけじゃない。

ちょっとおかしいかもしれないけど(笑)

なんでこんなタイトルにしかたのか。

それは、皆様にはわかるはず・・・・




子連れの週末


我が家は、共働きなので毎日の買い物は大変なので1週間分の食材を買いだめしています。

当たり前だが、買い物は食材だけというわけにはいかない。

本屋、服屋、文房具屋 などなど

選んで買うだけで、どうしても半日が潰れてしまうのである。

ここからが大事、子供がいると

子供がいる ⇒ 買い物する ⇒ 荷物大変 ⇒ 車が必要 ⇒ 駐車場必要


この流れにどうしてもなってしまうのだ。

色々別の店に買いに行くとなると、移動時間がもったいなくなってくる。

必然と行く場所は、ショッピングモール。

そう、イオン!!


イオンに行きたいわけじゃないんだ、イオンしか選択肢がないんですよ。

あまりに、いつもイオンばかり行くので電車で違う所に行ってみたりするのですが、子供がもたない。

歩くのが嫌になってきて、『帰ろう、帰ろう』と言い出します。

行ってすぐに『帰ろう』と言われると、こんなにうっとおしいものはありません。

全員、イライラで不機嫌状態です。

楽しみにきたのに楽しくないというスパイラルが発生。

そんなこんなでイオンが選択肢上位に来てしまうのです。



イオニスト

ネットで、イオンにばかり行く人を指す言葉で『イオニスト』というものがありました。

これが、失礼なのかどうなのかについてはここでは言及しません。

ただ、一つ言えるのは、この造語を作った人は想像力が欠如した人なのでしょう。

この言葉の意味合い的には、我が家もイオニストということになってしまうのでしょうか。



やはり便利なのだ


そうはいってもイオンは便利なんです。ほぼ日常必要なオールジャンルがそろっています。

移動のロスなく、時間が節約できるのは忙しい共働き世帯には強い味方なんです。

素直に、イオンにはありがとうと言いたい。サンキュー イオン、サンキュー WAON!!

文句も色々あるけど、けれを補ってあまりある便利さ。


他の企業には、正直イオンに対抗していって欲しい。

選択肢がないというのは消費者にとっては苦痛でもあるのだ。

イオンがここまで強くて、他が追随できないのは恐らく物流なのかなと思う。

どのスーパーも大きくしようとするときに必ずぶつかるのが物流の壁。

自前で物流センターを作るとかなりの費用がかかってしまう。

かといって、他社の物流センターだと限界ある。

大きくなりきれずに、そのエリアでとどまる。

何とももどかしい壁なんです。



イオンが好きだが、嫌になる


結局、あーだーこーだと言っても私は、週末イオンへ行くでしょう。

だって他で満たすとこがないんだから。

ただね、飽きる。

これは、他のイオンに行ったところで変わらない。

イオンはどこまで行ってもイオンなのだ。

最近は、この飽きとの闘いといっても過言ではない。

色んなイベントをして、工夫もしている、その企業努力には頭が下がる思いなのだが、飽きる。

今のビジネスモデルの限界値なのでしょう。




最後に

結局、何が言いたいのかわからない記事になってしまいました(笑)

一つ見つけた結論は、私は『イオンに行く』


なんの宣言やねん!!

おつきあいいただきありがとうございました。