小学生子育て日記

小学生の子育てとレジャー情報を中心に書いています

紅葉真っ盛りの京都に車とバスでの移動は苦行です

紅葉真っ盛りの京都に車とバスで移動は苦行です







京都の観光地は端っこ


京都の観光客が多いスポット

金閣寺

清水寺

・嵐山

伏見稲荷


全部、市内中心部からすると端っこになるんですね。


金閣寺  → 北の端っこ

清水寺  → 東の端っこ

・嵐山   → 西の端っこ

伏見稲荷 → 南の端っこ

この端っこに、観光客の大半は、市内フリーのバス一日乗車券を持って京都駅から乗り込むわけです。


はっきり言いましょう







『バカなことはよせ』







もうね、すごいから。バス乗る為の行列。


待って、乗ったバスは押し寿司ですよ。



押し寿司になってすぐ着くならいいんですけど、待っているのは渋滞なんですね。




なんで京都の道は混むのか


自分なりに京都の道が混む理由を色々と考えてみました。


そこでの結論


まっすぐに、南北、東西に抜ける道が少ない。



ほんとにないのこれが。


南北だと、太い道路は『堀川通り』

東西は、『五条通り』

東西の『御池通り』も入れたかったが、意外に変則で川端通りで切れるのでダメ。


そこにむけて、ナビが誘導をするわけですよ。


生クリームを絞るように、車たちがその通りめがけて殺到するんですね。


そりゃあ混むわ。


そして、もう一つの要因。


駐車場



上にあげた観光地近くの駐車場は、あってもすぐに満車。


停めれるとおもうのが間違い。


駐車待ち +  路線バス  +  観光バス  のコンボ



地元の生活している人からしたら、ブッ○○してやろうかという気分に・・・

※伏字は、それぞれ大喜利して下さい(笑)



片側2車線は、みるみるまに路駐と、駐車待ちと、バスの停車のためにふさがり、車線変更のポイントに慣れていない観光客はもたつき、あっというまに渋滞の完成です。


それなのに、車で来るバ○達に観光公害と嘆くしかありません。




悪いことは言わない


観光して、いっぱい楽しみたいなら電車使いましょう。


悪い事は言いません。


京都は、絶対電車移動がおすすめです。


混みますけど、バスに比べたら雲泥の差。


ちなみに言っておきますが、民泊大好きな中○人達は大量のキャリーケース持ってバスの乗ってくるから・・・・。イマジンして下さい。全然ピースな気持ちにはなりませんが(笑)



過去にこんな記事も書いています
raisechild.hatenablog.com




よく、レンタサイクルをすすめる記事も見ますが、あれもね・・・・


京都は、『坂が少ないのでおすすめ』← バカか


京都の地形を思い描いて欲しい、京都の最大の特徴 『ザ・ボンチ』いや『盆地』



盆地ってのは、山に囲まれている地形ですね。


そう、最初のメジャーな観光地の場所を思い出して下さい。

端っこなんですね。


どんどん、登っていく場所にあるんですよ。


つまりは、坂なんだよ!!(情緒不安定な人になってます)



だからね、レンタサイクルで行くならちゃんと考えようね。ウフ。(精神崩壊)



補足:市内中心部、特に河原町周辺は駐輪場探すの無謀だからね(あっても空いてない)






観光公害を味わいたいなら


この身をもって、観光公害を味わいたい。社会派のMな人は是非、京都駅からのバスに乗って下さい。


渋滞マニアなんですっていうMな人は、マイカーで観光地に特攻してみて下さい。


自転車をひたすら漕ぐのが、マッスルに最高なんですという『なかやまきんにくん』みたいな人は、是非レンタサイクルをどうぞ。



最後に


いかがでしたでしょう、それでもあなたは京都の移動を考えなおしませんか。(ホラー調に)


京都の人が好きなものは、洋食と、パンとコーヒーです。


本当に美味しい店が良かったら、上の3つを観光の際におすすめします。



以上、『紅葉真っ盛りの京都に車とバスでの移動は苦行です』でした