小学生子育て日記

小学生の子育てとレジャー情報を中心に書いています

人生の大きな節目、結婚式の大幅値引きの交渉術 150万円値引きました

人生の大きな節目、結婚式の大幅値引きの交渉術 私は150万円値引きました

結婚式

人生の大きな節目の結婚。結婚式をやる人は減ってはいるが、やはり区切りというかケジメとして結婚式をやることは個人的にはおすすめしたい。

古いと言われようが、やはり日本における結婚は、『家』と『家』が交わることなのだ。

そういった考えもあり、私も、結構な有名ホテルで結婚式をしました。その際の交渉の過程を書いていきます。

交渉は、結婚式に限らず色々な値切り交渉のシーンで役に立つと思います。


絞り込み


まず、結婚式をするにあたって雑誌か何かで絞りこみをされるかと思います。

候補の会場は、最低3つは選んでください。

最低3つの会場は、下記のカテゴリー訳をして下さい。

1.本命の会場・・・・一番したいと思っている会場を選んでください

2.本命のライバル(同格)とされている会場・・・・1で選んだ本命と同格、いわゆるライバル会場を選びましょう

3.値段優先・・・・1、2の格下、いわゆる価格重視の会場(下げ過ぎると後の交渉で使えませんので1~2ランクぐらい下の会場)を選びましょう


ブライダルフェアもしくは、下見


候補が絞れたら、次はブライダルフェアか、下見の予約をしましょう。

必ず電話を一本入れましょうね。むこうもゆとりのある時間に来てくれたほうが話をしやすいので、こちらの印象も良くなります。

できれば電卓を持参しましょう。先方に計算のペースを握らせない為です。

見積は、必ず項目ごとに金額を出してもらいましょう。これがあとから大事になってきます。

値引き交渉に入るのは、一旦希望の項目が見積もりに入った状態からスタートします。

下見の際は、自分たちの中での優先事項を決めておきます。例えば、花は、生花なのか、造花なのか、チャペルは外が見えないと嫌なのか、ウエディングケーキはタワー型がいいのか、イラストが入ったようなものがいいのか等々。

交渉の際に優先事項をあげて、『だからここで結婚式がしたい。その為に値引きして欲しい』具体性は、交渉において有効です。

あと絶対にやってはいけない値引き交渉は、高圧的に交渉をする。

よく、強く行ったら値引いてくれたよみたいな話をきくことがありますけど、あれ本当はそんなに引いてもらってませんから。相手もめんどくさいので、引いた形にして、他に行くなら行ってくれという金額を出します。相手も人間ですから。

あくまで対等に。友好的に、でも主導権は必ず握っておくことが大事です。


見積もりを確認しよう

見積を出してもらう順番ですが、できれば上にあげた2の本命のライバルにまずいきましょう。

ここにまず行く理由は、自分たちの相場観を養うためです。

見積を依頼すると、仮予約、手付の話を先方はぶっこんできます。

仮予約はしてもかまいませんが、仮予約期限なのでと返答を迫ってきたら『流れてもかまわないと』きっぱり答えて下さい。

これをするためには、おすすめは、1年前ぐらいから交渉をスタートすることをすすめます。

時間の主導権を握るのは交渉においてかなり効果を発揮します。

あまりに脅してくるようでしたら、『他も検討中なので結論をせまるなら、これ以上の話はできない』と答えてしまいましょう。


さあ、相場観を養ったところで次は、3の価格優先のところにいきましょう。

ここでの見積もりが、あとの値引き交渉で重要になってきます。

ビジネス用語の『当て馬』になってもらいます。

ここでは他が高いので見に来たと話をしましょう。

『妥協するところがあっても、価格が圧倒的であれば第一候補で検討する』と言いましょう。

おそらく最初に行ったところに比べるとかなり安い見積もりがでてくるはずです。

見積項目は、値段を必ず伏せてそろえていってもらいましょう。

ここでは見積もりだけもらったら一旦引き上げます。

答えを保留していると、おそらく先方からもう一絞りした価格を提示してくるはずです。


そして、見積もりがでそろったところで本命の見積もりをとりにいきます。

先方にアポイントを取る段階で、かなり本気で考えいて本格的に交渉に入りたい旨を伝えて、それなりの担当者をつけて欲しいと要望しましょう。

ここで新人がでてきたら、むこうが本気でないと考えてもいいかもしれません。

いきなり価格の話から入ってはいけませんよ。

ここのどういったところが気に入っているかをアピールしましょう。自分がここが好きなんですのプレゼンです。

むこうも、本気でない人に本気の見積もりは出せません。


本命の見積もり交渉

交渉にはエネルギーを使います。疲れます。でも、先方と仲良くなれるチャンスでもあります。

1回目は、ドレスも何もかもいれた総額を人数×3万円をMAXとした金額であることを交渉金額の目安で伝えましょう。

今の段階で出来る値引きを出してきてくれることと思います。

試食フェアや、何かフェアを予定していないか聞いておきましょう。

そして、できれば、できるだけ出席してあげて下さい。フェアに人数を集めるのも営業の大切な数字です。あなたに協力的な姿勢ですよというアピールをしていきます。

見積は一旦もちかえりましょう。そして、他の会場がせかしてくるが、せかしてくるところは、交渉をもうしたくないとグチってみましょう。

『焦らずにゆっくり考えて下さい』と権限がある担当者なら返答があるはずです。


2回目も、こちらからアポイントをとりましょう。

本気ですすめる気があるという意思表示です。

その時に『担当者がゆっくり時間がとれる時に伺います』と伝えましょう。

ここからが、本格交渉のスタートです。

見積には大きく分けて2種類あります。

まず、自前の施設やサービス。委託や外注をして行うサービス。

これを仕分けします。

値引ける大事なポイントは、自前のサービスなのです。

委託や外注サービスは、結婚式業者からは『持ち出し』なので節約がききにくい金額なのです。

例えば、マイクや、プロジェクター、カーテン等は、自前であろうかと思います。

混雑するであろう日程であれば、前後で必ずカーテン等は使っていると思います。

『前後のカーテンと同じ言い』と伝えましょう。

ジョゼットカーテン等は、価格設定的には高額にされていますが、削ることも可能です。

マイク、プロジェクター等も同様に。

先方にも正直に『持ち出しは、折れるので、自前のものは削って欲しい』と言いましょう。

やたらに無理を言うわけではないという事が伝わるはずです。

ここで、逆に夫婦でご祝儀1人×3万から足の出る、持ち出し金額は○○万円ぐらいなら可能という具体的な上限金額を設定して伝えます。

ここから、大きく値引きを引き出していきます。

出してもらった見積もりには最大限の感謝を示しましょう。これが本当に大切。おそらくその見積もりには、担当者の賭けに出ている金額も入っているでしょう。苦労に対しての評価を示してあげることが一番です。

でも、まだ結論は出しません。

最終の切り札『親がもっと安いとところを見つけたので、そっちにしたらと言ってくるんです』と担当者に相談というかたちでもちかけましょう。

『もう少し値引きいただいて、外注業者(引き出物購入等)の購入の際に、値引きを大きくするように言ってもらえないか』と持ち掛けましょう。

『それらが可能ならば、私たちでそういった条件があるからと言って親を説得する』と仲間感を演出しましょう。

これで、3度目の見積もりと、購入物の値引きを引き出していけると思います。

あとは、お二人がハンコを押すか決めて下さい。

途中に、先見積もりをとったところが揺さぶりをかけてくると思いますが、揺さぶりがきているというのも担当者に雑談としてしゃべりましょう。

ぐらついてないよという表示になります。でも担当者は、内心探りを入れたくなるはずです。

最後に

私は、これをアレンジした交渉を購入の際に用います。

大きな買い物です。結婚式場の誠意は『金額』が一番わかりやすいバロメーターです。

ここで先方もしてほしいという思いが見積もりに現れます。

お金であってお金でない

それが結婚式の値引き交渉のキモです。

頑張って交渉して値引きをしていきましょう。

以上、人生の大きな節目、結婚式の大幅値引きの交渉術 150万円値引きましたでした。