小学生子育て日記

小学生の子育てとレジャー情報を中心に書いています

キックボードの衝撃の真実!!大人が乗るとダイエットにも最適だった!!

キックボードの衝撃の真実!!大人が乗ると○○だった!!

キックボードとは

キックボードとは、自転車のハンドルみたいな物がついている、スケートボードのようなもの。

座らず、こがない自転車とも言うべきか。

いきなりこのキックボード(キックスケーターとも言うみたい)について記事を書き出したのは、このブログを読んで触発されてしまったからです。

www.ikumensurfer-tamajiro.com


キックボードも色々種類がある

キックボードも色々と種類があることが、調べていくうちにわかってきました。

<車輪数>
・三輪タイプ・・・こけないけど遅い
・二輪タイプ・・・一般的なキックボード

<車輪のタイプ>
・エアータイプ・・・自転車みたいなタイヤ。衝撃に強いが、遅い。
・非エアータイプ・・・衝撃がもろに体に伝わる。ツルツルのところだと早い。めちゃくちゃ進む。

<車輪の大きさ>
・小さい・・・地面との距離が近くなるので、蹴るときに疲れにくい。
・大きい・・・段差に強い、一回で進む距離が長い

<ブレーキ>
・フット式・・・後輪を足で踏んでブレーキ。慣れが必要。
・ハンドル式・・・自転車と一緒で、手でブレーキ。部品が地面と干渉しやすく破損しやすい


ザクッと調べた違い。

購入の時、気にするポイントは上記の点をふまえて、滑走性能、ブレーキ性能、折り畳みの状況、耐久性を見ていきましょう。

購入したキックボード

私が購入したキックボードは、

https://www.ikumensurfer-tamajiro.com/entry/kickboard

ドイツ製、なんか走りそうやん。ベンツの国やん。アウトバーンやんっていうイメージもさることながら、作りがめちゃくちゃしっかりしてます。

何が怖いって、安いの買って蹴った勢いで部品壊れて、歯でも折ったら大変です。

安全ってめっちゃ大事(関西弁で)

色々とメーカーがありますが、HUDORAってところが実績も製造面も一番良かったので、これにしました。

あと、タイヤが大きいので、段差にも強いので転倒リスクを減らせるかなあという思いもありました。

実際、キックボードの多くの転倒は、段差で起きています。段差事故は、タイヤで解消できます。

本題のキックボードの衝撃の真実

子供の自転車練習につきあうのと、公園までの移動手段としてキックボードを購入したのですが・・・

1人で、キックボードを走らせていると超快適。

立ったまんますすむので気が楽(当たり前だろ)。

自転車感覚で乗れるので、特に練習もいりませんでした。

そして何より造りがしっかりしていることへの安心感。

今年買ったもので、1位になりましたよ。


いよいよ、子供と公園へおでかけに。

子供は自転車に乗れるようになったので、自転車で移動。

2時間で自転車にのれるようになった話
raisechild.hatenablog.com

覚えたての自転車なので、道中危なくなったらすぐに停めれるように身軽に降りれるようにするためにも、キックボードを選んだ要因です。

ところが・・・

子供やい、はえーよ、こぐの早いよ!!

私の運動不足の脚力が。

子供には、私より先に交差点に出るなと言い聞かせながら進むことに。

キックボードで、先行して大人が走り、片手を広げて交差点で安全確認。

周り方したら、変なVIPの護衛状態(笑)

大人のキックボードの後に、やってくるのはアラレちゃんみたいな子供が自転車に乗って登場。

安全ならいいんです。走るよりも早いから。※子供の自転車より遅い

変なSPと、変なSPに護衛されるVIP状態で公園に。

(夫婦二人でやったら、さらに面白い感じだろうななんて妄想しました。)

公園では、子供が自転車で遊ぶというか練習。

私は、その後ろを追走。

ここからですよ、キックボード衝撃の真実は!!

大人が乗るとね、『遅い』※私がですが・・・

子供自転車にどんどん離されます。

負けては親の威厳が地面を必死に蹴りますが、負ける!!

スタミナがありません。

もう一つの衝撃の真実は、思った以上にダイエットに効果的。

地面からの振動、地面を蹴って運動。早く進もうとするとかなりのスタミナが要求されます。

もう一つわかったのが、よっぽど早く蹴れる人以外は、ハンドブレーキいりません。

全然余裕でフットブレーキだけで止まれます。

むしろハンドブレーキあると、つんのめって怖いかも。

今回買った商品は、高さ調整が出来るので子供から大人まで乗れます。1台で両方楽しめるのでその点も良かったです。

最後に

日本では、子供用の玩具というイメージが強いですが、海外では大人の移動ツールとして使われています。ラストマイルビークルとして注目を集めています。

しっかりした造りの物を選べば、大人でも十分に楽しめる乗り物です。

移動手段に、ダイエットに、子供との遊びに、キックボードを始められてはいかがでしょうか。

以上、キックボードの衝撃の真実!!大人が乗ると○○だった!!でした。