小学生子育て日記

小学生の子育てとレジャー情報を中心に書いています

関西からの日帰り旅行。限界はどこになるのか。1日で関西から沖縄、ディズニーは可能なのかを検証。

関西からの日帰り旅行。限界はどこになるのか。

関西からの日帰り旅行の限界はどこになるのかを検証してみました。

人は時折、限界まで挑戦したくなります。

そんな無茶な限界を試したブログです。箸休め的に読んでもらえたら嬉しいです。

呆れるかもしれませんが、飛行機が好きなのと、ディズニーが好きなのと、限界(無茶)を探ってみるのが好きなだけなんです(笑)

そんな旅行記を書いていきます。ちなみに、ヒカキン(HIKAKIN)に密かに1人で対抗してみた企画でもあります。※ヒカキンは、一日で北海道と沖縄まわるという企画でした。


それでは、はじまりはじまり。←まだかよと、つっこまないで

出発

早朝5時頃自宅を出発。

関空より、7時半頃のANA1731便で那覇へ。

f:id:madakanajp:20190304114244j:plain
ANAに乗ります

那覇?となったかもしれませんが、『那覇』です。沖縄へ行きます。

日帰りです。もったいないって声がしそうですが、このたびの目的は限界への挑戦なので、もったいないは封印します。

機内で、朝ご飯をほおばります。

10時頃に那覇空港へ到着。

普通ならここからレンタカー屋さんへ行くのがセオリーですが・・・

那覇

日帰りで時間がないので、レンタカーはパスします。

ゆいレールという優秀なモノレールが沖縄には存在します。

空港直結でとても便利。

国際通りへ向かいます。

国際通りでは、端から順番に食べたいものをつまみながら歩きます。

牧志駅から国際通りを西向きに歩いていきます。

アイス、ステーキを堪能。

f:id:madakanajp:20190304115038j:plain
国際通り


f:id:madakanajp:20190304115057j:plain
福洲園

沖縄で許された滞在時間は3時間。

空港へ引き返します。

空港でソーキそば食べます。そこで食うんかいってつっこまれそうです。

f:id:madakanajp:20190304115314j:plain
那覇空港でソーキそば

ここから次の目的地、羽田へ向かいます。

え!関西じゃないの!となると思いますがまだ続きます。

ANA468便に乗り込みます。

羽田から

羽田からどこに行くかって。

ディズニーシーへ向かいます。

頭おかしいんじゃないって言葉が聞こえてきそうです。一生に一回ぐらいこんな遊びも経験になるんじゃないって気持ちでのりきります。

羽田空港から空港バスでディズニーシーへ向かいます。この時間は、バスの便数が少ないので乗り遅れるとスケジュールが大きく狂います。

走ります。バスに向かって。

乗り込むと、おじさまと私の二人だけでした。

ディズニーシー(TDS)で何をするのか

ディズニーシーを楽しむために、マゼランズのコース料理を予約していました。

18時で予約していたのですが、ついたのがジャスト18時でした。

無駄が無さ過ぎてしんどいです。

マゼランズのお姉さんに、『今日はどこからですか?』と無邪気な笑顔で質問されます。

『どこからとは?出発地なのか、さっきいた場所なのか?』と返したくなりますが、お姉さんにそれを言うのは酷なので、

『関西からです』とだけ答えておきました。

お姉さんから次の質問が飛んできます『今日は楽しまれましたか?』

そりゃそうだよね、18時だったら普通は楽しんだあと。

『さっき着いたところなんです』と返すと

さすがディズニー『まだまだ楽しんで下さいね』と模範解答をいただきました。

テーマは、コース料理とファンタズミックと定めていたので、料理は巻き気味でお願いしました。

おいおいコースで巻きって気分です。

f:id:madakanajp:20190304120511j:plain
素敵な夕方のディズニーシー

f:id:madakanajp:20190304120538j:plain
夕方のディズニーシーその2

f:id:madakanajp:20190304120612j:plain
マゼランズの地球儀

無事にコース料理を食べ終わり、ファンタズミックへ向かいます。

f:id:madakanajp:20190304120708j:plain
ファンタズミック

短時間でも満足度が高いディズニーシーすごい。

オリエンタルランドの努力を感じます。

しかし、私は日帰りの身。←誰に頼まれたわけでもない(笑)

終盤には、カニの様に、横歩きで入口に向かいながらファンタズミックを見ます。

帰りは、新幹線なのです。ファンタズミックを全て見て余韻に浸っていると帰れません。

帰りのスタートダッシュです。

そして、ちゃっかりお土産も購入して、東京駅へ向かいます。

いよいよ最終ゴール

東京駅からの最終の新幹線(のぞみ)に乗り込みます。

間に合いました。

無事に京都へ着きました。

ランナーズハイみたいに興奮状態でした。

最後に

ザクッと行程

京都 ⇒ 関空 ⇒ 那覇(沖縄) ⇒ 羽田 ⇒ ディズニーシー ⇒ 東京 ⇒ 京都

やればできるもんです。

やりたいと言われたら別物ですが・・・

おすすめはしません(笑)

時間管理は必須です。

時間管理だけでヒリヒリした感覚が味わえます。

もし似たような事をやるのならば、天候のいい日にして下さい。

移動手段が止まると目もあてられません。

楽しかったですか?と聞かれると、素直に楽しかったという感想です。

意外に一人旅は、行く先々の人と話をするので現地の生の情報が聞けて楽しいものです。

そして人に言うと信じてもらえない時があります。写真の日付で最終的には信じてもらえますが。

一度ぐらいは、ネタになる旅をしてみたいという方がおられたら参考にしてみて下さい。←嫌ですよね

関西からの日帰り旅行の結論は、沖縄とディズニーランド(シー)へ行って帰ってこれるでした。

皆様は、普通に個別に楽しみましょう。

こんな旅をしてみた等あればコメント下さい。参考にアレンジして回ってみたいと思います。



ディズニー関連のブログ
raisechild.hatenablog.com
raisechild.hatenablog.com