嵐な毎日、でもゆるふわ平凡に

小学生の子育てとレジャー情報を中心に書いています

ホテルニューアワジ 全室温泉露天風呂付き和のスイート ヴィラ楽園は本当に楽園だった

ホテルニューアワジ 全室温泉露天風呂付き和のスイート ヴィラ楽園は本当に楽園だった

ホテルニューアワジの場所

www.google.com


場所 〒656-0023 兵庫県洲本市小路谷20番地(古茂江海岸)

分かりやすく言うと淡路島の真ん中の方です(ざっくり過ぎるか)



ホテルニューアワジの部屋のタイプ

夢大地・・・一般的な客室(和室12帖がメイン)

ヴィラ楽園・・・全室露天風呂付客室 部屋が基本的に、和室、寝室、ダイニングと3部屋のスイートルームタイプと専用ラウンジが使用可能。部屋付きの仲居さんがセット




お風呂の数がすごい

隣接する(廊下でつながっている)グループの施設も含めて4つの大浴場が楽しめます。

しかも、一つ一つが大きいオーシャンビューなお風呂。

夢大地の部屋で、お風呂つかりっぱなしなんて過ごし方だったら、リーズナブルに利用できるのも、このホテルの大きな魅力。

1:棚田の湯

2:くにうみの湯

3:天宮の雫

4:夢風泉



ヴィラ楽園って何?

2010年に誕生した客室で、先ほども書きましたが、全室専用露天風呂付のスイートタイプの部屋になります。

特徴は、1階が、庭付きの面積だけなら1番の部屋。

中階は、坪庭がついた部屋

上階は、お庭はないが海がダイレクトに部屋から見える部屋になっています。


ヴィラ楽園に関しては、実は、面積の広い低層階から人気になっています。

予約も低層階から埋まっていっているように思います。

すごいですよ、部屋に松がありますからね。海との視線も近くて迫力もあります。

チェックインもお部屋で基本してもらえるので、混雑するフロントに並ぶ必要がありません。



f:id:madakanajp:20190412162234j:plain
夕食


感想

我が家は、こちらに泊まるときはヴィラ楽園ばかりです。

f:id:madakanajp:20190412154955j:plain
部屋のテラスからの景色 公式HPから引用

部屋でのびのび過ごすには最高なんです。

でも、あえて上階の部屋でとります。

部屋から庭眺めても正直つまらないので、海がダイレクトに見渡せる部屋の方が開放感があって最高です。

食事は、淡路の美味しい食材をふんだんに使って非常に満足できます。

なにより仲居さんが非常に親切に配膳してくてくれるので、それも楽しみの一つになっています。

ちなみに、朝食はヴィラ楽園のみ部屋でいただくことができます。

これが思った以上に楽!!

朝食会場は、正直混雑してしまいます。

でも、部屋食なら景色をゆっくり見ながら自分たちのペースで食べれるのでストレスフリーです。


最上にある、ヴィラ楽園宿泊者専用ラウンジでは、飲み物やちょっとしたお菓子をいただくことができます。

テラスに出てのむコーヒーはなかなか美味しいものです。


淡路の玉ねぎの魅力あふれる記事です
www.djrkmrym.com

おまけ

ホテル内に、釣りが可能な堤防があります。

釣り具も貸し出しをしてくれるので興味があれば面白いかもしれません。

絵本もけっこうおいてあります。

また、小さい子用ですが、室内遊具なんかもあるので退屈してきたら遊ばす事も可能です。

館内のゲームセンターは、営業時間が短いので注意が必要。(そんなに期待していくところではありませんが、何か懐かしい気分になるので個人的は好きです)



食事では、淡路玉ねぎが最高です!!

玉ねぎ食べに淡路に行きたくなるぐらいお気に入りです。

お土産に買って買えるのをおすすめします。


特選 淡路島新玉ねぎ 10kg

特選 淡路島新玉ねぎ 10kg



最後に

ホテルニューアワジのヴィラ楽園は、客室数が少ないので週末はかなり早めにとらないと難しいです。

行けば、予約が困難だった理由がわかります。

部屋の露天風呂にゆっくり浸かるもよし、大浴場で楽しむもよし。

チェックインからゆったりと過ごすことができるので是非一度泊まってみてはいかがでしょうか。

以上、ホテルニューアワジ 全室温泉露天風呂付き和のスイート ヴィラ楽園は本当に楽園だったでした。


淡路から近い姫路観光は、こちらのブログをどうぞ
raisechild.hatenablog.com